に投稿 コメントを残す

ビートウォッシュ 給水エラー

我が家の洗濯機 ビートウォッシュ が調子悪くて、やっと修理をしてもらいました。

洗濯中に何度も何度も出るC1と表示された給水エラー
そのたびにリスタートをすると、2時間ぐらいかけて洗濯終了 Σ(*`Д´*)ノノ
朝からこれじゃーたまりませんよね。

説明書やネットを参考に、給水や排水ホースの入り口なんかを掃除してみたんだけど、全然効果はなく、あ、効果ないっていうか、排水ホースの汚いのが掃除できたんだけどw

肝心のエラーはなくならなくて、ストレスMAXだったんです。

それが修理を頼んだらほんの20分ぐらいで作業終了。
いやー、さすがに、修理に来てくれた方、いろいろ詳しかったです。

HITACHIビートウォッシュのC1エラー修理は、かなり多いとのこと。
だいたいの場合は我が家と同じで何度もエラーを繰り返すみたいです。
給水弁の一つがダメになる→給水状態が分からない→脱水と給水を繰り返す→C1エラー

これはもう、給水口やホースの掃除じゃ直るわけもなく、給水弁丸ごと交換です。

出張作業費は29,216円。
交換作業を見ていて、何か所か外枠と部品を外しての作業で、しかも、素人としては絶対それが原因!と分からないので、少々高い気はしますが、やっぱり専門の業者さんにお願いするべきだと思いました。

洗濯機の修理に呼ばれるときは、かなりの場合、HITACHIビートウォッシュだそうです。
じゃー、ビートウォッシュは給水部分の技術がアキレスけんなのか?と言えば、そうではなく、売れてる台数が圧倒的で母数が多い分、修理依頼も多くなるんですね。
売れてるんだ~嵐が宣伝してたもんね~←そこ?w

給水弁はメーカーによって違うそうです。
我が家のビートウォッシュの型番はD8PW。弁が4つついているタイプ。
4つあって毎日2回洗濯を繰り返してれば、6年目にしてガタも来ますよね^^;

毎日洗濯、ありがとう!!

「洗濯機の寿命として、6年だとそろそろ買い替えなんでしょうか?」
と聞いてみたところ、
「いや、まだまだいけますよ!」
と教えてくれましたw

「ただ、5~6年後に、また給水弁がお亡くなりになるかもしれませんけどねw」
とのことでした^^

ネットを見ていたら、HITACHI正規の修理を頼んで「リコールになるかもしれないからとりあえず料金はいただきません」と言われた人もいるみたいですが、
基本的にリコールは人体に被害などがある場合に適応されるので、この弁の劣化は対象になることはあまりないようです。

お高い出費でしたが、6年も使っていたら当然劣化もありますね。
今回修理をお願いしたのはこちらの業者です。
生活110番

HITACHI正規修理より、1~2万円安いです。
メール問い合わせをして、すぐに日程調整の電話連絡があり、とても助かりましたし、来てくれた方の対応もとても丁寧で、よかったです!

メールに、エラーの状況など分かる限り詳しく書いておくと、その後のやりとりがスムーズです。
どんなときにエラーが起こっているか、気にしておくといいですよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です