に投稿 コメントを残す

レゴランド 名古屋

スポンサーリンク

マコです。こんにちは!

カテエネの会員割引で年パスを購入して以来、毎月通っているレゴランド名古屋。(カテエネの会員割引、今年も復活するかな(*´艸`*))

誰ですか?レゴランドはツマランとか言った人は?(笑
それって超大人目線じゃないですか?

レゴランドは子どもが主役のテーマパークなんです。

子どもにはもちろん、小さな子どもがいる親にとって、レゴランドはとても遊びに行きやすい場所なんですよー。(声大き目)

というわけで、子連れレゴランドのおススメをご紹介します。

チケット価格・割引情報

レゴランドのチケットは、事前にネットからの購入が可能です。

ネットで購入するメリットは、当日、チケット販売窓口に並ぶ必要がないこと。ネット購入時に表示されるバーコードを入場口で提示すればOKです。

子どもがグズる中、順番待ちは悪夢ですよね(;^ω^)
スマホ片手にそのまま入場できるネット購入、とってもおすすめです。

オンライン販売チケット

レゴランドのチケットはピーク時とオフピーク時で値段が異なります。
また、購入時期によっても値段が変わってきます。

【ピーク時】

前日・当日 2~6日前 7日前
おとな 7100円 6400円 5700円
こども 4600円 4200円 3700円

【オフピーク時】

前日・当日 2~6日前 7日前
おとな 5100円 4900円 4600円
こども 3800円 3600円 3400円

上の表を見てみるとわかるように、ピーク時の前日または当日に購入すると7100円もする大人1DAYチケットは、オフピーク時の7日前に購入すれば2500円も安い4600円で買えてしまいます!

オフピーク時に行けるのなら、見逃せないですよ。

ピーク時にしか行けないとしても、7日前に購入するだけで1500円お得になりますので、ぜひ計画を立てて遊びに行ってください!!

割引情報

冒頭でもちょっと書きましたが、中部電力が運営するWEBサービス「カテエネ」の会員は、レゴランドジャパンのチケットが割引で買えることがあります。

カテエネは、中部圏在住者じゃなくては使えないサービスである点と、常にレゴランドの割引キャンペーンをやっているわけではないという点がネックではあります。

しかし、他にも随時プレゼントキャンペーンやポイント還元サービスもやっているので、中部在住者なら会員なっておいて損はないサービスすよ。

カテエネ詳細

アトラクション

すべてのアトラクションに身長制限があります。

アトラクションによって規定が異なり、パンフレットを見ても分からないことも多く、わたしは一度、並んだ末「乗れない」と言われ、キレたことがあります(*´σー`)

我が家の子どもたち(1歳80cm・6歳120cm)を例にして、アトラクションの制限を説明しますね。

まず、6歳120cmある長女が一人でも乗れるアトラクションはこちら。

  • ドライビングスクール(こちらは慎重制限ではなく年齢制限。3~5歳、6歳~13歳で、参加できるドライブコースが異なります。)
  • ビートルバウンズ

これだけです。

他のアトラクションは、規定身長に達していても大人同伴が必要です。
そして、たいていのアトラクションで、こども一人に対して大人一人の同伴が必要です

ということは、わたしと娘6歳、息子1歳という3人構成で来園してしまうと、娘は規定身長に達しているにも関わらず、アトラクションに乗れないんですよね…

大人一人、こども二人の3人でもOKのアトラクションはこちらです。

  • ファクトリーツアー
  • ブリックパーティ
  • デュプロ・エクスプレス
  • オブザベーションタワー

ちなみに120cmあれば、ニンジャゴー・ワールドにあるフライング・ニンジャゴー(125cm以上)以外はすべて制限をクリアします。

レゴランドの制限て、ほかのテーマパークに比べてかなり厳しいです。
このあたりね、もう少し改善して欲しいと思うんです。

ベビールーム

パーク内一番奥にあるベビー用のスペースには、おむつ替え台と授乳室、給湯器んオ用意があります。

広くて清潔で、大きなブロックで安心して遊ばせられるので、おむつ替えの幼児がなくても、毎回行っています。

パーク内の各トイレにおむつ替え台は設置してありますが、こちらのベビールームでは、4台設置してあります。
以前は3台だったそうですが、2019年あたりから4台になっていますよ。

動物のイラストの壁紙に興味津々で、何もない殺風景な壁紙の部屋より、おとなしくおむつを替えさせてくれました(笑


奥には授乳室が6部屋あり、さらに奥に調乳ができる給湯器。

と、お手洗いが2つ。子ども用の便座が用意してあるので、ベビーより少し大きなおにいちゃんおねえちゃんも安心です。

グルメ・レストラン

レゴランドへは、原則、食べ物の持ち込みが禁止。ただし、離乳食やアレルギーがある場合などは例外です。

我が家もベビーフードなどは持参していました。

また飲み物も、缶・ビン等は持ち込み禁止ですが、水筒に入ったお茶などはOKです。

そしてレストラン!
オープンしたての頃は「高い!まずい!」と悪評かが目立ちましたが、実は結構おいしいんですよ。

Brick House Burgers(ブリック・ハウス・バーガー)

写真はチーズバーガーセット。
お肉が肉ニクしくて美味しいです。6歳の娘、一人でペロッと食べちゃいました~

ニンジャゴー・ワールドにあるNINJA Kitchen(ニンジャ・キッチン)

↑は「カイのファイヤーパワーチャーハン エビマヨ」、↓「カイのファイヤーパワーチャーハンBBQビーフ」

ニンジャの顔を模ったカステラはおやつにも最適です。

Chicken Diner(チキン・ダイナー)

写真ではわかりにくいですが、パンがレゴの形になっているんです。
一見美味しいのか疑う形です(?)が、チキンはジューシーだし、パンもちゃんと美味しいんです。

写真左奥にあるのは、アイスクリーム。チョコレートがレゴの形しています^^

Factory Sandwich Co.(ファクトリー・サンドウィッチ・カンパニー)

実はわたしが結構気に入っているのがこちらのラーメン点心セット。

なんというか、めちゃくちゃ美味しいラーメン!というわけではないのだけど、なんだか食べたくなる懐かしい感じの味です。

早い時間に閉まってしまう店が多い中、こちらのお店は最後まで空いているので重宝します。

レゴランドで誕生日

お誕生日近くでレゴランドに行ったら、近くにいるスタッフさんにお誕生日シールをもらいましょう。

これを貼ってパーク内を歩いていると、気づいたスタッフさんがみなさん「おめでとう」と声を掛けてくださり、子どもはとても喜びます。

そして、レストランでは塗り絵セットのプレゼント

あ~んど、レゴでできた誕生日ケーキにネームプレートを付けて、席までお祝いに来てくれます!

小さいけど、真ん中のネームプレート分かるでしょうか?

オジサンとケーキは持って帰れませんが、ネームプレートはプレゼント!持って帰れますよ^^

ちなみにこちらのケーキは、レストランによって違います。
そして、塗り絵セットは、レストランに行くたびにもらえます♪

さらに、年パスホルダーは、お誕生月はお買い物が20%OFFになるので、ここぞとばかりに大人買いです(笑

駐車場

レゴランドには専用駐車場はありません。

名古屋市営のドでっかい駐車場がありますので、来園者はこちらを利用することになります。

支払いは現金のみ。クレジットカード、電子マネー等利用不可。回数券の購入も同様に現金のみの取り扱いです。

平日 1000円
休日 1500円
回数券 11枚つづり5000円

レゴランドへ向かう連絡ブリッジは、この駐車場の3階にあります。
よって、レゴランドに一番近い場所は、3階の一番奥です。

ですが、このべスポジ、皆さんよく知っていて、レゴランドが始まる10時前にはすでに多くの車が停まっています

エレベーターがありますので、3階で空いている場所を探すより、最初から4階、5階に停めるという選択もアリです。

駐車券は事前清算となりますので、忘れず持参してくださいね。

事前清算を済ませておけば、出庫時に窓を開けて駐車券を挿入する必要はありません。駐車券は、車内にあるだけでOKです。(イオンとかであるパターン)

まとめ

欲を言えばキリがありませんが、名古屋の中心部から1時間もかからない場所に、テーマパークがあるというのはとても嬉しいです。

「スタッフの対応が最低」という投稿も見かけますが、私の知る限り、みなさんっても親切で丁寧です。(対応がのんびりしているという感はありますが)

気持ちに余裕を持って、「子どもが楽しい」を一番に考えれば、とてもいい場所ですよ。

来月はいつ行けるかな、と今から楽しみです^^

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です