に投稿 コメントを残す

習い事とウソ

スポンサーリンク

マコです、こんにちは。

週末、とてもショックなことがありました。

小学一年生の娘が、常々「嘘は大嫌い」と言っているわたしに嘘をついてたんです。

 

彼女は、公文とチャレンジをやっていて、毎日学校から帰ると、「学校の宿題」→「公文」→「チャレンジ」→「ピアノの練習」をやる約束になっています。

これらが全部終わったら、公園に遊びに行くのでなかなかハードスケジュールなんですよね。

でも、なんとかちゃんとこなしててエラいなって思ってたんです。

 

ところが「やった」と言っていたチャレンジが全然やってなかったことが発覚!

小学一年生で、『もうそんなウソを言うようになってしまったんだ』とものすごくショックでした。

話しを聞くと、学校の宿題は翌日先生に出すから優先度一番、公文は週に2回教室に行くから優先度2番。

チャレンジは、『ママが見ないうちはバレないから、バレる前にまとめてやればいい』と思ったらしいです。

 

あー、もうこれを書いててもまたショックがよみがえってきます( ;∀;)

チャレンジをやってないってことはどうでもよくて、嘘が本当に悲しかった。

どんな気持ちで嘘をついてたんだろう。

本人に聞いても「わからない」というばかり。。。

 

「やりたくないならやめたっていいんだよ」と言えば、「やりたいの!!」と言う。

こういうときって、どうしたらいいんだろう。

最適な言葉がわからず、わたしもかなり戸惑ってます。

 

正直、習い事が多すぎると感じているので、どれかやめたらいいと思ってるんですよね。

そんな勉強ばかりしなくてもいいから、公園で走ってこい!ぐらいに思ってます。

問題は、本人がやりたいと言うこと。

結局、夫とも話し、本人がやりたいなら今年いっぱいは様子を見ようということになりましたが、嘘は二度と言わないで欲しいですね。

「ママ、本当に悲しかったよ」と言うと、小さな声で「ママ、嘘ついてごめんなさい」と言っていました。

とても悲しい思いをしましたが、今回のことで、彼女なりになにか感じてくれたらいいなと思ってます。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 子供と外遊びへにほんブログ村

育児ランキング

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です