青色申告特別控除額を10万円増やすために電子申告をしよう計画

マコです、こんにちは。

夫が副業をしているので、毎年年明けには確定申告をしています。なぜか私の仕事になってて、毎年解放されたいと思っている(´;ω;`)

ところで、令和2年度の確定申告は、『電子申告をした方がお得』だと言われているんですが、理由はなんでしょう。

スポンサーリンク

電子申告をした方が得なわけ

ずばりそのまま、控除額10万円が上乗せされるからです!(笑

電子申告で青色確定申告を行った場合、これまでの103万円(青色申告特別控除+基礎控除)の控除額にプラス10万円分が控除されて、合計113万円の控除を受けられることになります

郵送や税務署などからの申告には適用されません。

電子申告以外は控除額に変更なし

税法の改定が決定して、2020年から確定申告時の控除額が変更になっています。

控除額の変更は次の通り

・青色申告特別控除 65万⇒55万 (10万円の減額)
・基礎控除 38万⇒48万 (10万円の増額)

それぞれの額には変更があるけれど、プラマイゼロで合計額はこれまでと変わらないんですよね。

電子申告に必要なもの

10万円!!!たかが10万、されど10万ですよね!そりゃやるよね(*’▽’)

ところで電子申告、必要なものがあります。それは電子証明書とICカードリーダー

なにそれ、持ってない…まぁいいや。ってなるところですが、、、

電子証明書ってなに

必要アイテムを見て、「電子証明書ってなんですか??」って、難しそうな名前に怯みましたが、要は、そのデータを作成した人の本人確認のため、および、データ改ざん等がされていないことを確認するためのもの。

マイナンバーカードがそれにあたります

マイナンバーカードは、マイナポイントがもらえるだけでなく、住民票をコンビニ取得できたり、2021年3月以降は健康保険証として利用可能になるなど便利アイテムです。

マイナンバーカードの取得手続きには1~3か月ほど掛かる場合があるので、早めの手続きをおすすめします。わたしは1か月ほどで完了しました。

スポンサーリンク

ICカードリーダーとは?

ICカードリーダーは、マイナンバーカードを読み込むために必要なもの。

家電量販店やネットで、2000円ほどで購入可能です。

必ずマイナンバーカードの読み込みに対応しているかどうかを確認してから購入しましょう。非対応の商品も多いです。

電子申告しやすくなった

これまで電子申告(e-Tax)を利用するためには、税務署に「電子申告等開始届出書」を提出し、「利用者識別番号(ID)」と「暗証番号」を取得する必要がありました。

わたしは、これがめんどうでこれまでずっと郵送で確定申告を済ませてきましたが、「マイナンバーカード方式」を利用すれば、開始届出書の提出や専用のID/PWがなくてもe-Taxを利用できます。

確定申告の時期の税務署ってめちゃくちゃ混んでますよね。

密を避けたい今日この頃、いいタイミングでの施行だったのではないでしょうか。

あとは、上手く行くかどうか、ですね。

わたしも未体験なのでドキドキしています(*´艸`*)

スポンサーリンク