念願のアウトドアワゴン 届きました

マコです、こんにちは。

各社のアウトドアワゴンを比較して、満を持して購入したコールマンのアウトドアワゴンが届きました(((o(*゚▽゚*)o)))

その時の記事⇒アウトドアワゴンを比較してみた

スポンサーリンク

コールマンのカモフラ柄

我が家が買ったのは、コールマン のカモフラ柄(迷彩柄)です。

本当はlogosのカモフラ柄がカッコいいなと思ったんですが、logosのカモフラガラは保冷バッグ付きで、我が家は保冷バッグが必要ないのと予算オーバーだったから(笑

▼Logosのカモフラはこちら かっこいいでしょ?

 

これを見て、「カモフラ柄かわいい!」となり、お値段お手頃で機能十分なコールマンに決めました。

夫は、想像していたよりも緑色が強い(Logosは結構モノクロ)のが気になるようですが、私は全くきになりません。

娘からは「うちの(アウトドアワゴン)、 カッコイイの選んだね」とお褒めの言葉をいただきました(笑


スポンサーリンク

こんな感じで収納されていました

段ボールから出したところです。本体重量約11キロなので、結構重いです(;’∀’)

ちっちゃいゴルフバッグみたいですね。

もちろん梱包材もしっかり入っていて、傷つきやすい場所は保護されていました。

カバーを外します

上からカバーが掛けてありますので、下の方で左右に留めてあるマジックテープを外します。

▼ ▼ ▼

あとはサイドのジッパーを上げて、カバーを引っ張り上げます。ワゴンが転びやすいので注意してください。

じゃ~ん!生まれました♡

両手で対角線上にある支柱(赤矢印の場所)を左右に押し広げれば、簡単に広げることができます。

▼ ▼ ▼

広がりました!!

何度も実物見てるけど、結構大きいです。これはたくさん荷物乗るぞ~♪

カバーのポケットに、底板が入っているので、ワゴンの下に敷きます。

でき上り~

コールマンのアウトドアワゴンの耐荷重は100キロです。

「わたし乗っても大丈夫じゃん(*´∀`*)?」とも思いましたが、ギリギリやめておきました(笑

子どもたちは相当嬉しいようで、学校行く前に広げて、二人仲良く中で遊んでいましたよ。

収納もカンタン

収納するときもとても簡単。底板を外し、真ん中にある取手を引き上げるだけ。

力もいらず、あっという間に折りたためます。(小学一年生女子にはちょっと重かった見たいです)

バンドで固定すれば、足が広がってきてしまうこともありません。

収納カバーって必要?

この時点でわたし「バンドあったら収納カバーいらんやん」と思っていました。

だってかぶせるのめんどうだし(←超めんどくさがりやです)、汚れるであろうタイヤは出たままだしって。

ところがね、やっぱり収納カバーっているんですよ。

なぜなら、底板の収納場所がカバーのポケットだから(;^ω^)

車の中にポイって置いておけばいいだけなんですが、小さくはないけど、薄っぺらい板。どこ行った~?ってなりそうじゃないですか?きっとわたしはなります(`・ω・´)

そんなわけなので、カバーはちゃんとかぶせることになりそうです。(夫が)

付属のバンド

中に付属品としてフックの付いたバンドが入っていました。

夫「これ何に使うの?」

「たぶん、たっぷり荷物積んだときとか、落ちないように引っ掛けるんじゃない?」「しらんけど」

適当に言ってみたけど、夫は妙に納得していました(笑

最後に

昨日届いたばかりなので、まだ屋外で使っていません。

ですが、今朝の子どもたちのカワイイ様子だけでも、購入して良かったな~なんて思えちゃいました。

さっそく明日使ってみたいと思いますので、またレビュー記事を書きたいと思います。

「早く買っておけばよかったわ~」ってなるでしょうかね?(笑

 

スポンサーリンク