クーベルチュール

マコです、こんにちは。

クーベルチュールのチョコレートをいただきました♡

スポンサーリンク

実はマコ、クーベルチュールって知らなかったんです。

調べてみましたら、元は製菓用のチョコレートで、最後の仕上げに使われるものなんですね。フランス語で「覆う」と言う意味らしです。

それが、最近ではそのまま食べるようにも販売されているそうで。

「すごく美味しいからどうぞ」といただきました。2袋も!!

日本では製菓用として認識されているみたいですが、実は海外でクーベルチュールと名乗るには、ちゃんとした規定があるみたいです。

それがこちら。

・総カカオ固形分35%以上
・カカオバター31%以上
・無脂カカオ固形分2.5%以上


スポンサーリンク

いただいたものは、クリアしてるのかな??

裏面を見てもよく分かりません(笑)

特徴的なのはくちどけ、だそうで。実際、とろけました(/ω\)

いただいたものは純粋なチョコレートだけじゃなく、アーモンド入りだったり、ザッハトルテなのでココアパウダーやらビスケットやらが入っていますが、それでもチョコレート本来の味を味わえました。

袋の中に、割れたチョコレートが入っています。

それを少しずつ割りながらいただくのもなんだか楽しい。

夫はチョコを食べないし、息子はまだ小さいのでチョコを与えたくない。

と言うわけで、贅沢にも娘と二人だけで、至福の時間を過ごしています。

今回はいただきものでしたが、シンプルなビターチョコを試してみたいです。

そういえば、もうすぐクリスマス。手作りチョコレートケーキ??

うーん、、、自信はないです(笑)

スポンサーリンク