に投稿 コメントを残す

道の駅 みのかも

岐阜県にある道の駅「みのかも」に遊びに行ってきました(^^♪
旧の昭和村です。
昭和村のときは行ったことがないけど、入場料700円だったか800円だったかで、いまは入場無料になったので嬉しい限り♡

外あそびが楽しいアスレチックメガジップ、エアリアル、スカイジャムがウリですが、こちらは予約が必要なので出直すということに。
予約はこちら⇒ぎふ清流里山公園内PANZA

予約不要のゴーカート(¥500)やへんてこ自転車(確か¥300w)を満喫し、

暑さに疲れてきたら、たくさんある体験コーナーへ。
竹トンボ(¥200)を作ったり、

オルゴール(¥1700、デザインに寄ります)を作ったり(^^♪
館内は涼しい~

このあと娘が楽しみにしていた乗馬(ポニーかな?)をするために、ふれあい牧場に行ったら…
にゃんと、お馬さんの熱中症回避のため乗馬体験は13時までという張り紙が!

仕方ないよね、次行くときは絶対午前中に行こうね。
ということなので、乗馬目当ての方は、ぜひ午前中の早いうちにGo!です。

手作り体験は、ほかにもアイスクリームやピザ、そば打ちなどなど盛りたくさん!
子供たちはあれもこれもやってみたいので、入場したら左手に並んでい体験施設で最初にやりたいものを決めて、スケジュール組んでから他を見て回った方が効率的です。
結構時間かかるものもありますからね^^

あと、手作りや体験は、平日開催していない場合もあるようですから、HPをチェックしてからお出かけくださいね!!
ぎふ清流里山公園公式HP

<授乳室情報>
授乳室は、園内に4か所あります。
・壱の畑(入場門に一番近いです)
・茶店「だんご茶屋」
・飛騨路内
・山之上商店
※給湯器の設置はありませんでした。
※おむつ替え台は、各女性用手洗いにもありますが、男性用にはありませんでした。

夏休みとはいえ空いている穴場スポットです^^
お子さん連れなら、一日遊んでも足りないくらいかもしれません。
レストランなど飲食店も充実していますが、お弁当を持ってのんびり出かけてもよさそうです。

ぎふ清流里山公園公式HP

に投稿 コメントを残す

南知多ビーチランド

愛知県の知多半島にある南知多ビーチランド。

ここは昔からある水族館で、イルカや魚たちと近く触れ合えてとてもいいんだけど、
地元愛知の人以外はあまり知らないみたいで、連休中でも空いてるんです。

イルカタッチやペンギンのえさやりなど、オプション料金で様々なふれあい体験もできるので、入園したらその日のショーのスケジュールと合わせて確認。

参加したいオプションがあったら、申し込みましょう!
だいたい500円くらいなのでお手頃です^^

ふれあい体験のうち、我が家が申し込んだのは、イルカタッチとピラニアのえさやり。

<イルカタッチ>
イルカと同じプールの中に入ってナデナデできるのが他の施設と違うところ!
注意点としては、未就園児は保護者が付き添わなくてはいけないので、二人分の料金が必要となること。
しかも、わたしは0歳児を抱っこしていて、上の子の写真も撮りたいので、500円払っただけで、イルカに触っていないというww いいけどね♪

<ピラニアに餌やり>
凶暴だけど繊細なピラニアにえさやり。
これは初めての経験でかなり興奮して いましたw  わたしもやりたかった(笑
ピラニアの餌はイワシ(だったかな?)
竿糸の先に餌を付ける作業は、保護者がやっていましたが、うちはわたしがベビを抱いてカメラを構えていたので、スタッフのお姉さんが手伝ってくれました。
餌を入れると、水しぶきを上げてあっという間に食べちゃうピラニア。
これ、なかなか興奮しますよ!!

無料で触れ合えるコーナーもたくさんあって、飼育委員さんの説明の後には動物たちと記念撮影もできるので、思い出作りにもぴったり。

そして!!
ここの嬉しいところは、南知多ビーチランドの入園で、おとなりにあるおもちゃ王国にもそのまま入園できるところです。
おもちゃ王国は、トミカ、プラレール、りかちゃん、シルバニアファミリーなどで遊べる9つのお部屋があって、中では自由に遊べます。

もちろん冷暖房完備!!!
水族館側で疲れたら、こちらに移動して涼んでください(笑

<南知多ビーチランド 入園料>
・大人:1800円
・子供(2歳以上):800円
※おもちゃ王国も入園できます。
※クレジットカード使用可

<南知多ビーチランド 割引 クーポン>
以下のページからクーポンをゲットできます。
南知多ビーチランド おもちゃ王国
・大人:1,800円→1,600円
・子供:800円→700円

<南知多ビーチランド 駐車場>
駐車料金が必要です。
・乗用車 600円
・バス 1,000円
・二輪車 200円
南知多ビーチランドの駐車場入り口目の前に、民間の方が管理する駐車場があります。
乗用車300円なので、南知多ビーチランドの駐車場が満車じゃなくても、 本当に目の前ですのでこちらを利用するのも賢いと思います^^

南知多ビーチランド ランチ>
園内にはレストランやフードコートがありますので、何も持っていかなくても大丈夫。
混雑していることもあまり考えられません^^;
ちょっとした休憩コーナーがあるので、 オニギリや弁当を持っていって食べるのも良いですね。

南知多ビーチランド 授乳室>
子供が遊びに行くところですから、授乳室は園内に3か所完備されています。
ビーチランド入り口入ってすぐ( インフォメーション )のところにもありますし、おもちゃ王国エリアに入ってすぐ左手( インフォメーション )にある授乳室は、個室もかなり多くて、授乳室の空き待ちなんてこともなさそうです♪
子供向け施設案内

調乳用のお湯が必要な場合は、インフォメーションでお願いしましょう。
南知多ビーチランドは、他の施設と比べてもかなり子供向けの施設が充実していると感じます。

わがやもすぐにまた遊びに行きそうな予感です^^
次は最寄りインター降りてすぐにある観光名所「えびせんの里」にも寄りたいな♡

に投稿 コメントを残す

恵那 ストーンミュージアム博石館

夏休み、せっせと5歳児を遊ばせる日々です。
みんな何してるんでしょうね?(笑

先日は、岐阜県の恵那にあるストーンミュージアム博石館に遊びに行ってきました!!

こども全般なのか女の子特有なのか、娘はきれいな石が大好きで、
この博石棺の存在はずっと前から知っていた(それこそ私が学生のころからw)ので、いつか連れて行ってあげたな、と思っていて、満を持してって感じです^^

正直、私は特に石に興味ないんだけどw、子どもが嬉しそうな様子と、緑一杯の園内にリフレッシュできました。

<ストーンミュージアム博石棺でできる体験>

石についての展示や、発掘の方法だったりが紹介されているのですが、
この博石棺の一番の人気はおそらく宝石探し。

制限時間30分で、せせらぎの中から石を探します。
料金は、小学生以上800円。3歳以上の幼児は500円。
夢中になりすぎて、服がベッタベタになってる子がたくさんいましたね(笑
すぐに乾く真夏以外は、着替えがあった方が安心ですね。

最初はなかなか見つからないけど、周りをよく観察するとコツがわかります。
石探しのヒントは、「エプロンのおばちゃんの動きをよく見よう!」

娘が宝石探しの次にハマったのが、手作り体験教室の万華鏡づくり。

万華鏡のキットが用意されているんですが、使うのはスパンコールやビーズではなくて、天然石!

制作自体は、スタッフの方が手伝ってくれるし、ほんの15分程度で終わりますが、ちょっと違ったオリジナル万華鏡に大満足の様子でした♡

他にも、最初の最初の写真のピラミッド内が迷路になっているので、涼みついでにトライするのも楽しいです。
薄暗くて、結構怖いよ(笑

他にも鉱山体験館では、 数百年前にマグマの空洞内にできたジオード を割る他県ができたり、化石発掘体験、砂金探し体験、宝石釣りなど、ちょっと変わった体験コーナーがあって、もうほんと時間が足りない。
もちろん、それぞれ追加料金もかかりますよ!!(笑

<ベビーカー利用について>

駐車場と施設が道路を挟んでいます。
一般の人は歩道橋を渡りますが、ベビーカーの場合は、横断歩道を渡らなければいけません。
この道路、車どおりは少ないけど、通るときはかなりスピードが出ているので、スタッフの人に誘導してもらうといいです。

敷地内は石畳で坂が多いので、ベビーカー移動は無理ではないですが、ちょっと大変でした。
いい運動になりましたねw

<おむつ替えと授乳について>

施設内のお手洗いは、総じてキレイです!!(ビックリしましたw)
おむつ替え台が設置してあるので、おむつ交換に困ることはないと思います。

授乳室は、 鉱物展示室の女性用トイレの奥に設置されています。

調乳用のお湯の用意はありませんので、ミルクの場合は注意してくださいね。

<割引について>

ストーンミュージアム博石館の公式HPに、WEB限定割引券があります。
http://www.hakusekikan.co.jp/discount
入館料の割引と、名物ピラミッドカレーの割引があります。

■入館料割引
大人 800円 → 720円(中学生以上)
小人 500円 → 450円(小学生以下)
幼児(3歳以上) 無料

■宝石探し体験付き入館料割引
大人 1,600円 → 1,400円
小人 1,300円 → 1,100円
幼児(3歳以上) 500円  →  400円

<夏休みにおススメ>

館から館への移動は屋根がないのでもちろん暑いのですが、
施設は屋内のものも多いし、移動中の緑は気持ちいい。
なにより夏休みも空いているので、小さなお子さんがいらっしゃるお家にはお勧めですよ^^

宿泊を考えているなら、昼神温泉がほどおすすめ。車で30分ほどです。
昼神温泉のお湯はぬめりがあってお気に入り(^^♪
美肌に効くらしいですよ!

昼神温泉がある阿智村は星がキレイで有名な場所です。
星に興味が出てきた年長さんの娘を連れて行きたいなと思っています。

に投稿 2件のコメント

ディズニーオンアイス

毎年この時期のお楽しみは、ディズニーオンアイス。
ディズニーが大好きなわたしが娘を連れだします(笑

息子をどうしようか悩みましたが、
・0歳には 2時間は長すぎること
・移動が暑いこと
・ショーの光の演出がキラキラすぎてちょっと不安なこと

などなどを理由に、おばあちゃんにあずかってもらいました。

公式ガイドなんかには、小さい子供の初めての観賞に最適!とありましたし、
実際、息子と同じくらいの子を連れてきている家族も多かったです。

でもね、やっぱり座ってみているのは難しいみたいで。
ずっと泣いている子(後ろの子がそうでした^^;)
ママのお膝の上で、最後までスマホを見ているような子、
走り回っちゃう子。いろいろ。

しょうがないですよね。1歳くらいじゃ、そうなるよ。

その子の性質にももちろん寄るとは思うけど、
一般的に、本人が興味を持って観られるのは2歳ぐらいからじゃないかなと思いました。

ちなみに娘は3歳のときから行っています。
3歳だと席料金が必要ですが、大人と同じ扱いをして席を用意してあげるのも、
本人に大人の仲間入り気分を味わせてあげられて、
おねーさんの自覚が芽生えてくれるかもしれません♪

子供たちは、それぞれ好きなプリンセスのドレスを着てきたりしていて
それはそれは可愛いです♡

回によっては、コスチューム着用の来場者には、特典があったりするので、
チケット購入前の方は、要チェックですよ^^
だいたい土日や祝日に設定してあるので、平日派の私は一度も遭遇したことないですが^^;

あとチェックしておきたいのは、ミッキーマウスグリーティング。
ショーの前に、ミッキーがお出迎えしてくれます。
こちらも、その日の最終の回にばかり設定があるので、小さな子連れには出会うのが難しいかな。

色んなお楽しみがあるので、都合のいい方はぜひぜひチェックして楽しんできてくださいね!

に投稿 コメントを残す

ディズニーオンアイス

ディズニーオンアイスの季節がやってきました!
今年は、大好きなリメンバーミーも登場するので、楽しみ倍増です。
お判りでしょうが、娘より私の方が楽しみにしていますねw

昨日、イオンに行ったら、ディズニー・オン・アイスの公式ガイドを見つけたんです。

ディズニーオンアイスとは?から始まって、魅力・見所や登場キャラの紹介まで、子育て中のママ目線で書かれているのが嬉しい。

その中に書かれていた「ショーに参加できるチャンス」(=キッズライド)の紹介。
各回、ラプンツェルの場面に登場するカートに乗ってショーに出れる子どもを募集しているんです!!

えーーー!知らなかったよ、そんなチャンス(涙
早速HPにアクセスしてみたんだけど、応募はショーの2週間前まで。
残念ながら、わたしが行く予定をしている回は、もう応募が終了していました。
来年はそんなことがないようにしなくちゃ!

7/28時点で、仙台、幕張、大阪、名古屋は締め切られていますが、
以下の地域はまだ募集中なので、応募期間中の地域チケットを持っている方ぜひ応募してみて!!
日付は、締切日です。

横浜 8月1日(木)
福岡 8月8日(木)
鹿児島8月15日(木)
高崎 8月22日(木)
埼玉 8月29日(木)
広島 9月5日(木)

応募はこちら⇒ https://www.ctv.co.jp/onice/2019/kidsride/

ショーへの参加応募は逃したけれど、公式ガイドの裏面の塗り絵を持っていくとステッカーがもらえるそうなので、忘れないように持参します♬

に投稿 コメントを残す

アサヒビール 名古屋 工場見学

またまたビール工場見学に行ってきました!
今回は、アサヒビール 名古屋です^^

ビール工場なわけで、完全に大人に人気の工場見学なんですが、実際参加者は殆ど大人w

そのせいかどうかは分かりませんが、アサヒビールでも授乳室の用意はありませんでした。
必要な場合は、空いている部屋を貸していただけるそうですが、
ツアーは70分なので、前後で授乳をしておけば大丈夫そうですね。

大人の工場見学は、他の工場見学と違って、夏休みでもあまり混雑具合が変わらないっていうのがいいですね。
今回の予約も、前日にできちゃいましたよ。お勧めです♬

キリンビールと同様に、実際に使われている麦やホップを手に取って匂いをかいだりできます。
麦は、試食もできるんですよ。

子どもはこういうのが楽しいみたいですね。
麦の中に手を入れていると、映画アメリを思い出します^^

リサイクルへの取り組みを紹介するコーナーでは、ちょっとしたクイズなんかもありましたが、5歳児にはちょっと難しそう。
それでも、子どもは仕掛けが触れるのが楽しいようで、ガチャガチャいじる。
大人は、さっさとビールにありつきたくてウズウズするw

このコーナーの後は、お待ちかねの試飲タイム。
アサヒでも、ビールもソフトドリンクも三杯まで試飲可能。
もちろん、持ち帰りは不可。

アテンドの方が、美味しいスーパードライの注ぎ方を実演してくれました。
高い位置から注ぐそうですよ。
スーパードライに限った美味しい入れ方だそうです^^
これ、帰ってから夫がまねしていたんですが、本当に美味しいそうです!

夫はできたてビールが飲めてご満悦!
娘も、普段飲ませてもらえないジュースは飲めるし、おつまみに出てくるお菓子も食べれてご機嫌。
参加が日曜日で工場ラインが動いていなかったのを理由に、また行きたいな~なんて言っておりました(笑

に投稿 2件のコメント

ナゴヤドームのベビールーム

ナゴヤドームに野球観戦に行ってきました。

何度も行ってるんだけど、今回初めてだったのは、夫がベビーのおむつ替えに行ってくれたこと。

わたしがいつも利用している2F47ゲート横のベビールームを教えたんだけど、女性専用だったらしい。
そこは手前におむつ替え台があって、奥に授乳個室がある。
だいたいのベビールームは、おむつ替え台のところは誰でもは入れて、授乳室はママだけってなってるところが多いので、勝手に同じだと思っていたら、違った。

ちゃんと調べたら書いてありましたね。

ナゴヤドームのベビールームは4か所あります。
①2F 47ゲート横
②2F 8ゲート横
③3F 3塁側内野後方
④3F ドラゴンズワールド付近

このうち、①と③が男性利用不可。
入り口に女性スタッフが座っていて、男性は入れないと言われ、近くの多目的トイレを利用して欲しいと言われたそうです。

確かに授乳は女性しかできないかもしれないけど、ミルクを作って飲ませたり、おむつを替えたりするのは男性もしますよね?
男性がミルク作るときはどこで???

ちょっと時代錯誤を感じずにいられません。

ナゴヤドームは観戦用に託児(事前予約制)を設置していたり、おむつの自動販売機があったり、結構いじゃんって思っていたのに、パパ目線では落とし穴がありましたね。

もうちょっと考えて欲しいなぁ。

に投稿 コメントを残す

ミツカンのミュージアムに子連れで行ってきた

0歳児のベビーと5歳の年長さんを連れて、愛知県半田市にあるミツカンのミュージアム、MIZKAN MUSEUM(ミツカンミュージアム)に行ってきました。

かーなーりーの充実度で、大満足で帰ってきました(^^♪

見学には、「全館コース」「大地の蔵コース」があるのだけど、断然お勧めはアテンド付きの「全館コース」90分

「全館コース」 は、大地の蔵 → 風の回廊 → 時の蔵 → 水のシアター → 光の庭の順番。
「大地の蔵コース」 は、 大地の蔵 のみ。

こ全館コースじゃないと、コース最後「光の庭」での、紙粘土による寿司職人体験や、ゲーム、クイズ、オリジナル写真入りポン酢づくりなどができません><

子ども連れならやっぱり、体験が楽しい!
5歳の娘もゲーム、すし職人体験などなど、走り回って楽しんでいました。

画面を見て体を動かしながら、鍋づくりゲームをします。
最初は意味が分からなかった様子の娘w
紙粘土でお寿司を握ります!大人も子供も参加OK! 12人限定なので最初に参加しよう!
全国各地のお寿司がずらりと並ぶ様子は圧巻!

子どもには光の庭が一番おススメですが、大人はそのまえのコースも興味深いものばかりです。
特に時の蔵での船底へのマッピングなどは圧巻で、みんなから声が上がっていました!

ベビー連れ情報

赤ちゃん連れの方への情報として、館内にベビールームは一か所のみ
1F受付横にあるロッカールーム(ちなみに無料)の奥にあります。

受付の右隣り奥にあります~

中はソファーとおむつ替え台。おむつ替えの下に、ダストボックスがあります。
ミルクを作るためのお湯はありません。
館内同様、とてもキレイですが、一部屋しかないので混雑時は待ちになりますね・・。

おむつ替え台は、他のお手洗いに設置もないので、ベビーと一緒の方は、入館したらまずこちらでおむつを替えておくことをおススメします^^

ベビーカーでの館内移動について

「全館コース」「大地の蔵コース」 両方に含まれる「大地の蔵」ゾーンは、エレベーター利用でベビーカー移動できます。
しかし、「 風の回廊 」以降は狭かったり階段が多いので、ベビーカー移動はできません。

一旦、受付に戻ってベビーカーを預けることになります。
無料で預かってもらえます。
受付までの距離も苦になるほどの距離ではありません。

ベビーカーにたっぷり掛けてある荷物も、受付隣の無料ロッカーに入れてしまいましょう。
ベビーだけ抱っこして、身軽がいいですよ。

まとめ

・ミツカンミュージアムは、事前予約必須。2か月前から予約可能。⇒予約ページ
・コースは断然 90分 の 「全館コース」がおススメ
・ベビー連れさんは、受付時に授乳とおむつ替えを済ませましょう。
コース途中からはベビーカーが使用できないので、抱っこ紐必携
・光の庭での体験は、30分しか時間がないので、巻きで(笑

全館通して、スタッフの方がとっても親切です。
娘もまた行きたいと言っているので、今度は夫も一緒に行ってみたいと思います。

ミツカンミュージアムの公式HPはこちらです⇒ https://www.mizkan.co.jp/mim/

に投稿 コメントを残す

ららぽーと名古屋みなとアクルス 蔦屋

休日のららぽーと名古屋みなとアクルスでのランチの様子を書きましたが、今日は蔦屋に行ってきた様子をレポしますね。

ららぽーとと蔦屋は別棟で、1Fと2Fに連絡通路があります。
屋根がありますから、雨の日でも傘不要で安心ですよ。

オシャレで広い店内はたくさんの人でにぎわっていて、席を確保するのがたいへんです。
何も持たずにただ話し込んでるだけのお客さんもいて、それはNGやろ~なんて^^;

最近でこそ一般的になった、カフェで飲み物を購入すれば売り場の本を席に持ち込んで読みながら休憩できるスタイル

アメリカではずいぶん昔からあったスタイルで、図書館ですか?ってぐらい広い大型の本屋にスタバが併設されていて、1日中過ごせる快適な場所でした。
日本にも増えてきて、本当に嬉しいですね。

行ってみて感じたアメリカとの違いは、日本は子どもが多い!ってこと。
キッズスペースがあるので、子どもウェルカムなんだと思います。
子どもも、すきなだけ本に親しめるようになっていて、いいですね!

みんな思い思いに本を読んでいてほほえましかったです。
気付いたら、我が家の娘もいい場所を確保して、迷路の本に夢中でした^^

これだけ子どもウェルカムなかんじですが、ベビールームの案内が分かりにくかったです。
だって壁や天井に案内がないんだもん。

ベビールームを利用したい人は、 2Fにあるこのキッズスペースそばのお手洗いマークを探してください。

マークに向かって入っていくと、授乳室とおむつ替えスペースがあります。
なんと、キッズ用のお手洗いもありますよ~

ベビールームには、おむつ替え台が2台、授乳室が2部屋、給湯器が設置されています。
できたばかりとはいえ、とてもキレイで、用がなくても使いたくなりました(笑

お店の中は赤ちゃん連れの人もたくさんいましたが、授乳室を使う人は誰もいなく、やっぱり案内がないのがネックなのかな?なんて。
日曜日、本館のベビールームは込み合っていましたが、ここ、快適なので利用してみてはいかがでしょうか♬

に投稿 コメントを残す

ららぽーと名古屋みなとアクルスでランチ

お天気の悪かった週末は、ららぽーと名古屋みなとアクルス に行ってきました。

初めてのららぽーとは、できたばかりと言うこともあり、キレイでたくさんの人でにぎわっていました。
入っている多くの店舗は、イオンなどとあまり変わらないかな~なんて感じもしましたが、まぁ名古屋発出店の店舗なんかもあって楽しかったですよ。

ショッピングモールはどこもそうですが、ランチタイムは悲惨でしたがw
先に希望の店の受付を済ませておくことをお勧めしますね。
特に、ゴールデンハンバーグは人気のようで、10時半ぐらいから受付をして店の前で待っている方がたくさんいました!

12時ともなれば、どこの店もいっぱい!
ケンタッキーフライドチキンのレストランは、話題性もあってか人だかり!
わたしもちょっと気になりました^^

私たちが入ったのは、比較的すいていたロンフーダイニング
比較的というだけで、日曜日のほぼ12時。待ち時間は1時間ぐらいかかりましたね~w

辛さが選べる麻婆豆腐。辛さマイルドめを選んでおけば、足りなければ後から辛みをもらえます。

今は子供が小さいので、なるべく和食を選びますが、本当はメゾンカイザーとかも行きたいよね~w
女子っぽくフルーツ+ビュッフェ 32orchardも気になるところ♬

ららぽーとのランチ情報は公式サイトへどうぞ→ https://mitsui-shopping-park.com/gourmet/lalaport/minatoaquls/

入庫方向制限のため、ららぽーとに向かう方向によっては、駐車場に入れるために建物を一周回らなければいけなかったりとめんどうがあります。
名古屋市内から向かうと、おそらく私たちのように1周する羽目になるかと。
上手く説明できませんが、運河側からこれば、もっとスムーズだった気がします。
次回、試してみますね!