に投稿 コメントを残す

瀬戸 岩屋堂公園 水遊び

マコです、こんにちは!!

毎日暑い日が続いて、どうしても水遊びがしたくなりますよね。

今年は二度ほど、瀬戸市にある「岩屋堂公園」に行ってきました。

名古屋から車で1時間強なので、行きやすいです。

春は桜、夏は水遊び、秋は紅葉と、どの季節も楽しめます。

岩屋堂公園

岩屋堂公園は愛知県瀬戸市にある国定公園で、桜、紅葉、滝など季節を通して楽しめますが、夏は川をせき止めて作った天然プールでの川遊びが特に人気です。

天然プールで水遊び

水はすごくきれい!と言うわけじゃありませんが、小さな子どもが水遊びするような浅い場所もあれば、小学生が飛び込めるくらいの深さがあるところもあります。

ちなみに娘は怖くて飛び込めませんでしたww(泳げるくせにw)

川は岩場を上っていくとどんどん上の方まで登って行けます。

上の方に行くと、小さな魚やカニなんかも観ることができますよ!

裸足禁止

川の中は裸足は禁止です。

初めて行ったとき、サンダルがなくて裸足で入ろうかと思いましたが、滑るし、石が多くて危ないです。

子どもは、必ず脱げにくい水遊び用の靴を履かせてあげてください。

 

トイレ・足洗い場・売店

お手洗いは、駐車場ともみじ橋の間と、もみじ橋を渡り切って少し坂を上ったところにあります。

トイレットペーパーも完備されていて、キレイにしてあるので安心です。

また嬉しいのが、足洗い場の設置。川と言っても砂などたくさん着くので、水道水で洗い流せるのはありがたいですね。

売店で焼きそばや五平餅、カキ氷や飲み物を買うこともできます。暑い日はやっぱりカキ氷だよね(*’▽’)

つばめ屋の↓カキ氷。800円也!大きいので、子ども2人、大人一人で、ひとつで十分でした(*´∀`)

駐車場

無料駐車場と有料駐車場(1回500円)があります。

夏休みの時期だと、どちらも10時に行っていては満車で停められないです。

出遅れてしまった場合は、前半組が帰って行くお昼を過ぎたころが狙い目。ポツポツと空きが出ててきます。

どうしても午前中から遊びたい場合や確実に無料駐車場に停めたい場合は、遅くても9時には到着できるように頑張りましょう!!

9時だと、有料駐車場は空いていますが、無料駐車場はギリ空いているかも?というくらいの混雑っぷりです。

ちなみにどちらにも停められなかった場合は、他に駐車場はないのであきらめるか、ひたすら待つか…です(´・ω・`)

 

最後に

スマホの防水ケースがなくてあまりたくさん写真が撮れず残念でしたが、

  • 名古屋からほど近く
  • 川遊びを楽しめて
  • お手洗い、洗い場などの設備も整い

お気に入りのスポットとなりました。

そうだ!上でも書いてますが、スマホの防水ケースがあると、安心です。

我が家はこちらポチりました。  2つで990円なのでお得な買い物でした!


完全防水 2個セット 990円

夏休み、どこいこうか~ってときには、一度遊びに行ってみてください。

その時は、早起きしてがんばりましょうね!!

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 子供と外遊びへにほんブログ村

育児ランキング

 

 

に投稿 2件のコメント

板取川 洞戸観光ヤナで川遊び

お盆には岐阜県の板取川に川遊びに行ってきました!!
板取川唯一のヤナ場「洞戸観光ヤナ」では、川遊びの他、川魚のつかみ取りや釣り堀があるときいて早速(^^♪

アウトドア好きの友達が大好きな板取川。
お盆中、涼しいとは言えなかったけど、川の水はきれいで冷たく、子どもたちは大喜びでした。

来年も遊びに行くべく、忘備録です。

<駐車場>
我が家が到着した10時半には、すでに駐車場は満車!
車が停められずに、行ったり来たりしている車も多かったです。
近くに第2駐車場などもなく、どうしようか警備員の方に相談すると…
ちょうど一台出ていく車があり、ラッキーにも停められました!!
次回はもう1時間ぐらい早い 9時半 到着を目指すつもりです。

<食事>
10時半にして、人気のアユ料理のお食事処はすでに食事を楽しんでいる人でいっぱい!
何ご飯なんだ?(笑
ブランチ?ww

こちらで食事を楽しみたい方は、到着したらすぐに予約表に名前を書くことをお勧めします。
また、ここで食事をとらない場合は他にレストランなどはないので、お弁当を持っていきましょう。
我が家はオニギリと離乳食があったので、今回はアユ料理は断念しました。
次回のお楽しみです♪

<川遊び>
駐車場から食事処を挟んで板取川が流れています。
流れが速く危険な場所もあるので、必ず指示に従ってください。

川岸へはベビーカーでは渡れないので、ベビーは抱っこ。
ベビーカーは、手前に放置です。

川はそれはそれは透明で、びっくりすることに足元をアユが泳いでいきます!
えーーーーー?!って感じですよねw
それを子どもたちが一生懸命捕まえようとする!
つかまるわけないですけどね^^

屋根もないので、帽子や日傘があると良いです。
テントなどを出している人はいません。

<釣り堀>
我が家は川でひと遊びしておにぎりを食べ、そのあとは娘が釣り堀でニジマス釣りをしました。

貸し竿と餌で300円、リリース不可、釣ったものは必ず持ち帰らなきゃいけません。そして一尾200円ですw
発泡スチロールのクーラーボックスも販売しています。500円だったかな??
お金はかかるけど、とりあえず手ぶらで行っても大丈夫です。

しかしなかなか釣りも難しいもの。
飽きちゃうかと思いきや、連れなくても楽しいという娘。
お!釣りの才能あるじゃんww
釣り好き夫婦としては、嬉しい発見でした^^

結局4尾釣れたところで退散することに。
4尾は翌日ムニエルにしていただきました。
釣って食べるという経験をさせてあげられてよかったです。

<まとめ>
板取川は、いたるところでテントを張ってBBQなどを楽しんでいる人がいますので、アユ料理を河畔で楽しむんだ!という目的でなければ、この観光ヤナでなくてもよいと思いました。

しかし、子連れにとって、釣り堀があったり、つかみ取りや売店、監視員の目、お手洗いが完備してあるのはとても魅力です。

そのあたり、子どもの年齢や時間帯によってうまく使い分けられたら、もっと楽しめると思います!